作業療法って何?

作業療法(OT:Occupational Therapy)とは?


さぎょうりょうほう【作業療法 occupational therapy】

患者が疾病や外傷から回復するのを助けるために,医師によって処方され,作業療法士occupational therapistによって指導される活動をいう。治療手段としては,作業,仕事,日常生活動作,レクリエーションなどが用いられる。精神的あるいは身体的に患者の回復を助けるという目的のない作業は作業療法といわない。作業療法の歴史を考えるとき,身体障害作業療法と精神科作業療法とに分けることが行われる。精神科作業療法の歴史は非常に古く,作業が運動や遊戯や音楽などといっしょに精神病の治療法として用いられたのは紀元前からであるという。

(出典:世界大百科事典,株式会社日立ソリューションズ)

 

 

 

作業療法
作業療法 (さぎょうりょうほう、英語:occupational therapy) は、作業をできるようにすることで人々の健康状態と幸福感の改善をもたらす。
作業には仕事、遊び、日課、休息が含まれる。
作業ができるとは、人々が仕事を適切にやり遂げられる、心楽しく遊ぶことができる、日々の生活習慣を整えられる、上手に休養することができる、という意味である。
作業療法の基本目標は、人々が日常の作業をできるようにすることである。
作業療法士の仕事は、作業ができるようクライエントの能力を強化したり、環境を整えることである。
作業療法の効果は、クライエントが作業できるようになったかどうかで判断され

(wikipediaより)